デブ線を消す方法

デブ線ができちゃったわ…

時期的なものでしょうか、最近当サイトに訪れる方で「デブ線を消したい」や「デブ線が消えない」といった検索ユーザーが増えてきました。

 

やっぱりみなさんも悩んでいるんですね・・たしかに一度できてしまうとデブ線は簡単には消えませんからね(-_-;)

 

あっちなみに普段、肉割れ線とか妊娠線と呼んでいる人もいるかもしれませんが、デブ線は肉割れ線の事です。

 

ここで改めて説明するのもあれですが、デブ線は名前からも分かるでしょうが短期間にデブったり痩せたりと繰り返すのが一番の原因です。

 

つまり体型の変化に皮膚の伸縮が追いつかなくなって、最終的にブチッと裂けてしまうわけですね。
なので根本的には短期間にデブったり痩せたりしなければいいわけです。

 

といっても太ってくればダイエットしたいし逆に痩せてくれば油断して太りだすのも仕方ありません。
そこで体型の変化に対応できるように皮膚の奥まで保湿してあげることで少しでも裂けてしまう状態を予防することが有効なんです。

 

例えば古くて弾力性の無くなった風船と新品の柔らかいを同じように空気を入れ続けたら、どう考えても古い風船は先に割れてしまいますよね・・つまりそういう事です。少しでもデブ線のできる場所を、柔らかく弾力性を持たせることでデブ線はある程度予防できるってことです。

 

デブ線を予防するには専用のクリームが効果的→市販の肉割れケアクリームを徹底比較

ではできちゃったデブ線は消えるのか?

ということで保湿することでデブ線は予防できる仕組みがわかったと思いますが「できてしまったデブ線はどうなの?」と疑問が残ります。

 

実は一度できしまったデブ線は完璧に消すことはできません。これは皮膚の奥の真皮が裂けた状態なので医学的にみても間違いありません。しかしデブ線の深さや範囲にもよりますが、しっかりケアすることでかなり薄く目立たなくさせる事は十分に可能だといわれています。

 

最近ではいろいろな治療法もみかけるようになりましたが、基本的にデブ線を消す方法としては以下の2つがメジャーな方法だと考えられています。

 

その1 医療機関でのレーザー治療

美容整形外科をはじめ医療機関でのレーザー照射による治療法です。レーザー照射によってデブ線に熱刺激を与えることで皮膚の奥の組織にはたらきかけ再生させる方法です。
たしかに効果ありそうだけど費用がね・・1回数万円×3〜5回程度は必要ともいわれているので、それなりに余裕ある人じゃなきゃキツいですね。

 

その2 デブ線解消のクリーム

時間はかかるけど、費用的には断然安いのがこちらです・・というかいきなりレーザーとか普通挑戦する勇気ないですよね?なので最初はこちらがいいかと。普通にボディクリームやローションでも保湿効果あるけど、効率よデブ線を解消したいなら専用のクリームがいいでしょうね。浸透力とか違う気がしますね。

 

ちなみに私がデブ線できちゃった時は専用のクリーム塗って3〜4ヶ月くらいで薄く目立たなくなった気がしますけども。何ヶ月か待てる人はこっちでいいと思います。その経過とか詳しい話は以下に載せてありますのでよかったらどうぞ♪

 

できてしまったデブ線に効果のあるクリームについての記事

page top