肉割れ治す期間

肉割れ治るまでの期間は2ヶ月以上!

お尻や太ももにできてしまった肉割れ線・・どうにか短期間で治したいって方もいるかもしれません。確かに夏に向けて海水浴やプールで水着になる時に肉割れ線がどうしても水着からはみ出てしまったら嫌ですもんね。

 

では肉割れ線って最短で解消した場合、どのくらいの期間がかかるものなのでしょうか?

 

残念ながら1ヶ月以内などの短期間で肉割れ線が治るような方法は現在のところありません。どうやって肉割れ線ケアしてもある程度の期間はかかってしまうのは間違いありません。とはいえ、肉割れ線ケアの方法によっては比較的短期間で解消できる方法や時間がすごくかかる方法もあるといわれています。

 

具体的に肉割れ線ケアを始める場合、医療機関によるレーザー照射での肉割れ線ケアと肉割れ線解消のアフターケアクリームを利用する肉割れ線ケアが考えられます(この他にもいろいろあるけどキリが無いのでこの場では2つだけに絞らせてもらいます)ある程度肉割れ線の深さや範囲といった状態にもよりますが、以下に説明する程度の期間は覚悟しておきましょう。

 

さらに詳しい肉割れ線クリームの比較ページ→市販の肉割れクリームを分かりやすく比較!

肉割れ線ケア別の治すまでの期間

医療機関によるレーザー照射

肉割れ線解消のアフターケアクリームでのケアに比べて圧倒的に短期間でケアできるイメージのある医療機関によるレーザー照射です。

 

肉割れ線の深さや範囲にもよりますが、1回のレーザー照射は約数分です。一般的な肉割れや妊娠腺の場合、5回程度の通院で効果がみられるケースが多いとされています。

 

たしかに短期間で肉割れ線ケアができる印象ですが、注意して欲しいのが施術のペースです。
これは医療機関によっても使用するレーザー機器にもよりますが、通常は1週間〜2週間は施術の間隔をあけるので1ヶ月半〜2ヶ月以上は覚悟しておく必要があります。

 

※レーザー治療による肉割れ解消については、以下の運営サイトでも詳しく解説しています。こちらも合わせて参考にして下さい。
肉割れを本気で消す人の肉割れ解消ガイド

 

 

 

肉割れ線解消のアフターケアクリーム

一方、レーザー照射に比べ治るまでの期間が長い方法が肉割れ線解消のアフターケアクリームによる肉割れケアです。口コミ等でも評判の良いノコアのようなアフターケアクリームでも肉割れ線が目に見えて効果がでるまでには2ヶ月や3ヶ月はかかります。

 

もしかしたら深い肉割れ線や範囲の広い肉割れであったら半年程度かかるかもしれません。いくら肉割れ線のアフターケアクリームの効果が凄いといっても、皮膚の奥の真皮を保湿することでお肌のターンオーバーを促して皮膚組織を再生させるので、どうしても時間がかかってしまうのです。

 

公式サイトや某口コミサイトでの意見をみる感じ、私と同じで1ヶ月くらいで肌質が変わり始め、肉割れ線が薄く目立たなくなるまでは2〜3ヶ月かかったという人が多いと感じました。なのでアフターケアクリームを始める人は、どんなに効果がでなくとも最低でも2ヶ月以上は根気よく塗り続けてください。肌質がかわれば間違いなく効果がでるはずです。

 

 

page top