太ももの肉割れを消す

太ももの肉割れを消したいなら…

お尻と同じく悩んでいる人が多い部分といえば太ももの肉割れだといわれていますね。

 

太ももの肉割れ線のできる場所は、お尻から太ももにかけての体の後ろ側が中心に発生する人もいれば、太ももと太ももの間の内側にできる人なんかもいますし、太ももの下部の膝の裏にかけて肉割れしてしまう方と様々みたいですね。

 

しかし太ももの肉割れ線で一番問題なのは、お尻やお腹の肉割れ線に比べてファッションによっては他人にバレてしまうことですよね・・冬はいいとしても夏なんかは隠すの大変です.そう考えるとお尻の肉割れ線よりも厄介だし、早期に治しておきたい肉割れ線の一種ともいえますね。

 

太ももの肉割れ線を消すなら具体的な方法は2つ。

 

お尻の肉割れ線を消す方法と同じですが、徹底的に保湿することで乾燥気味だった肌の奥の真皮のターンオーバーを整えてあげる方法と、医療機関によるレーザー照射によって熱刺激をあた皮膚組織を再生する方法です。

 

もちろん太ももの肉割れ線は何もケアせずに放置していても絶対に解消することはできません。それどころか悪化したり広がる可能性もあります。
そもそも一度、太ももに肉割れ線ができてしまった人は肉割れ線ができやすい肌質なのは間違いありませんから。

 

そんな肌質の人は今後、何かのきっかけで体の他の部分にも肉割れ線ができるかもしれない肉割れ予備軍とも考えることができますから、今の肉割れ線をケアする一方で予防をしておいた方が安心かもしれませんね。

 

肉割れクリーム紹介

 

 

肉割れ線予防にも効果のあるアフターケアクリーム

もちろん、できてしまった肉割れ線を解消するだけならば医療機関のレーザー照射も短期間で効果がでるのでおすすめですが、予防という面では肉割れ線のアフターケアクリームで時間をかけて肌質を改善する方が効果は大きいといえます。

 

 

できてしまった肉割れ線を消すだけではなく、今後にできるかもしれない肉割れ線を予防することも十分にできるはずです。

 

経験上、肉割れ線解消のアフターケアクリームを毎日塗り続けても、肌質が改善されて肉割れ線に効果がではじめるまで約2ヶ月〜3ヶ月以上はかかります。他人に見られてもバレない程度に薄く目立たなくなるまでを考えたら、もしかしたら半年くらいの期間を覚悟しておいた方がよいかもしれません。

 

そういった意味でも夏直前になって慌ててケアしても効果がでるまでに夏が終わってしまいますから、少しでも早く肉割れ線ケアを始めることをおすすめします。

 

太ももの肉割れにも効果のある保湿クリームについてこちらで詳しく説明してます。→肉割れ解消効果の高いクリーム比較

page top