肉割れの原因とは

肉割れの原因を知って解消する

そもそも肉割れとは急激な体重・身長の変化や妊娠によるお腹の急激な膨らみによって皮膚が短期間に伸縮することで起こります。

 

皮膚は短期間にグイグイ引っ張られると、薄く弾力のある表皮は体型に合わせて伸びることができますが、弾力のない真皮や皮下組織はコラーゲン繊維が裂けて亀裂が入ってしまいます。そのひび割れた状態がいわゆる肉割れです。

 

よくストレッチマークという言葉もありますが肉割れと同じ意味で使われていますよね。つまり出産の際にお腹にできてしまう肉割れ線もダイエット後におしりやふくらはぎにできてしまう肉割れ線も基本的には同じものなんです。一般的には一度できてしまった肉割れ線を消すことは難しいと言われてますが、しっかりとケアすることで徐々に薄くすることはできるともいわれています。

 

そしてもう一つの肉割れの大きな原因が「乾燥」です。よくスキンケアで語られる乾燥とは微妙にニュアンスが違って、こちらの乾燥は表皮はもちろん、内側の真皮や皮下組織の乾燥を意味しています。

 

このように皮膚の伸縮に耐え切れず裂けてしまうということは真皮や皮下組織の弾力が足りないということ。肉割れの起こっている部分を保湿して柔らかく保つことで、かなりの肉割れ解消、肉割れ予防の効果があるということなんです。

 

肉割れに効果のある保湿クリームを比較しています→市販の肉割れクリームを徹底比較

 

真皮や皮下組織の乾燥を防ぐ

主な対処法としては肉割れのおきてしまったガタガタになったお肌のターンオーバーを整えて繊維芽細胞の機能を元通りに戻してあげることで徐々に薄くすることは可能だといわれています。

 

そのためには徹底的に保湿してコラーゲンを補給してあげるのが一番ともいわれています。もちろん短期間で消えたり薄くなったりということは無理かもしれませんがお肌のターンオーバーを整えて繰り返すことで次第にうすくなったという声も多いようです。

 

お尻やお腹、ふくらはぎって乾燥していると他の肌トラブルにもなりやすい部分ですので、肉割れに関係なく保湿した方がいいですもんね。
中には保湿を続けていたら忘れた頃に肉割れが目立たなくなっていた♪なんて人もいるので、やっぱり保湿し続けるのが一番だといえますよ!

 

page top