お尻の肉割れ・ストレッチマーク対処法

お尻に肉割れやストレッチマークができた場合の対処法とは?

お尻の肉割れ

過度なダイエットや、それに伴うダイエットによって、条件さえ整えば簡単にできてしまうのが肉割れやストレッチマークといわれています。

 

できてしまった肉割れやストレッチマークを完璧に消し去ることが難しいことを考えても、できればしっかりと予防して未然に防ぐのが第一といえます。

 

とはいえ気がついたらお尻に肉割れやストレッチマークが…といった状況でも慌てず冷静に対応することも大切です。早期の適切な治療によって短期間で薄く目立たなくすることも充分に可能です。

 

肉割れクリーム紹介

お尻に肉割れやストレッチマークができてからの期間を分析する!

管理人のアドバイス

まずお尻の肉割れやストレッチマークが他の部位と大きく異る点、それは発症してから放置されてしまうケースが多い点といえるでしょう。

 

というのも一般的な肉割れやストレッチマークのできやすい部位である、お腹まわりや太もも、バスト、二の腕等と比較しても、残念ながら鏡を使用しない限り自分の目で確認することができません。

 

他の部位の肉割れやストレッチマークが比較的早期に発見されるのにくらべ、お尻の場合は深刻化してから発覚するケースが多いのは、こういった理由があると考えられます。

 

中にはスパや温泉等で他人に指摘されて始めて発覚…、さらに最悪なケースでは夫や彼氏といったパートナーに指摘されて発覚…というケースも少なくないといわれています。

 

こういった事実を踏まえて、まずはお尻の肉割れやストレッチマークに気がついた場合はできてからの期間を分析することが肝心といえるでしょう。

お尻の肉割れやストレッチマークが初期の段階なら早期回復の可能性もあり!

医師のアドバイス

そこでまずはお尻の肉割れやストレッチマークの状態をしっかりと把握してみましょう。

 

初期の赤みのある細い肉割れ線、ピンク色のみみず腫に近い状態…といった場合は初期の肉割れやストレッチマークという可能性が強いといえます。

 

この場合は早急に適切な処置を施すことで、最終的にはほぼ他人からバレない程度に消し去ることは充分に可能といえる状況。ですが処置が遅れればそれだけ解消までの時間も長期化することも忘れずに!

 

この状態の肉割れやストレッチマークの場合、いきなり美容整形外科や皮膚科でのレーザー施術というよりも、まずは自宅で毎日のセルフケアをお勧めします。

 

保湿力の高いクリームやオイル、ローション等を利用して、徹底的に保湿しつつもマッサージによってお尻の表皮下の真皮層に刺激を与えておきましょう。

 

お尻の肉割れやストレッチマークの部位を中心に塗り込みつつ、軽く弾くように叩く、擦る…といった感じであくまで皮膚の表面に刺激を与える気持ちでマッサージして下さい。

長期間にわたって放置された白く凸凹した肉割れやストレッチマークの場合

カウンセリング

もしお尻の肉割れやストレッチマークを確認し、白く凸凹した状態だとすれば、残念ながら発見が遅れたお尻の肉割れといえます。

 

この場合、数ヶ月〜1年といえる長期間が経過している可能性も考えられます。残念ながら初期の治療すべきタイミングを逃した肉割れやストレッチマークは、それ相応の治療期間を覚悟する必要があります。

 

とはいえ放置しておけば綺麗に解消される事はまず考えられない肉割れ、どちらにせよ、発覚したら早急にケアを開始しておきたいところですね。

 

こういった時間の経過した白く凸凹した光る肉割れ線、ストレッチマークの場合は本格的に消し去る場合、レーザー治療という選択肢も検討してみてください。

 

高額な費用はかかりますが、レーザー機器と自分の肉割れの相性が合えば相当な効果が期待できるはずです。もちろん相性が合わない場合、費用の割りには効果が薄い…といったケースもありますが、問題は自分に合ったクリニックを見つけることだできるかどうか…という部分になってきます。

 

安易に料金が安いクリニック、自宅からもっとも近いクリニックといった選び方で選んでは後悔のもと。しっかりとカウンセリングを行い、事前に詳細まで説明してくれるクリニック、肉割れやストレッチマークの施術に強いクリニックを選んでおきましょう。

page top