肉割れが痒い、痛い

お尻が痒い!チリチリ痛い!は肉割れのできる予兆や兆候

肉割れの説明

一度できてしまうと、消し去るのが本当に難しいというお尻の肉割れ(ストレッチマーク)…できることなら、計画的に肉割れケアを行ないできる前に防ぎたいものです。

 

そもそもお尻の肉割れができる条件は決まっています。

 

急激な体重の増加や体型の変化によって、お尻周辺の皮膚組織が伸びるスピード以上に伸ばされてしまうこと。表皮の奥の真皮層や皮下組織の保湿が不十分で乾燥状態なこと。

 

こういった条件が重なることで、予想もしないタイミングでお尻の肉割れ(ストレッチマーク)が起こるといわれています。

 

とはいえ、肉割れのできる前後には予兆や兆候といわれる特定の症状がみられることもハッキリしています。お尻の肉割れが不安な方は予兆や兆候を感じたら速やかに肉割れケアを始めてください。

 

肉割れクリーム紹介

痒い、痛いは肉割れのできる兆候や予兆です!

肉割れメカニズム

では肉割れのできる予兆や兆候とはどういった症状なのでしょうか?

 

この部分には個人差もあるので一概には決めることはできませんが、概ね「むず痒い感じ」、「チリチリした痛み」というケースが一般的なようです。

 

これは肉割れ(ストレッチマーク)のできる仕組みを考えてみれば明らかです。

 

そもそも肉割れ(ストレッチマーク)や妊娠線といった線状皮膚萎縮症とよばれる症状は、表皮の奥の真皮層や皮下組織で起こる裂傷の一種。表皮の上で起こる裂傷のように出血はともないませんが、内側で小さな傷ができている状態なのですね。

 

表皮の上での裂傷のような大きな痛みこそともないませんが、微妙な痛みは生じているはずです。

 

また、人間の感覚は小さな痛みと痒みの判別が曖昧な部分もあるので、小さな裂傷の痛みを痒みと勘違いしているケースも多いようです。

 

とくに乾燥しがちの季節では、表皮の乾燥による痒みと肉割れが原因の痒みの判別が難しいので注意が必要といえるでしょう。

お尻の肉割れによる痒み・痛みを感じたら…

肉割れ解説

そこで「なんとなくお尻がむず痒い…」、「気がついたらお尻を掻きむしっていた…」という場合は早めの肉割れケアをお勧めします。

 

もしかしたら単純なお尻の表皮の乾燥という、取り越し苦労の可能性もありますが、そもそも表皮の乾燥も今後の肉割れ予防の面では解消しておきたいものです。

 

表皮はもちろん、奥の真皮層や皮下組織までしっかりと保湿して、できれば線維芽細胞を活発化させておきたいところです。

 

肉割れのできにくい真皮層とは、網目状のコラーゲン繊維とコイル状のエラスチン線維が強く結合した状態。しっかりと栄養成分も浸透させてターンオーバーを促してあげることが大切です。

 

コラーゲン繊維やエラスチン線維が強く結合した真皮層や皮下組織に変われば、伸縮性や柔軟性も上がり、少々の力では裂けることもありませんので多少の体型の変化には対応できるはずです。

1日1回(できれば2回)の保湿とマッサージを!

肉割れクリーム

うっすらとお尻に肉割れができた方はもちろん、なんだかむず痒い、チリチリ痛い…といった予兆や前触れを感じている方は1日でも早く肉割れケアを開始しておきましょう。

 

お尻の皮膚組織の柔らかくなったタイミングを狙って、優しくマッサージをしながら保湿力の高いクリームやオイル、ローションをたっぷりと塗りこんで保湿して下さい。

 

入浴後の潤った状態、さらにお肌の柔らかい状態が理想的な肉割れケアのタイミングだといわれています。たっぷり目のクリームやオイルを使用して、気になる部分の表皮を擦る・弾くようにマッサージしてみましょう。

 

コリや筋肉を刺激するマッサージとは別物なので注意してください。僅か0.2mmの表皮の奥の真皮層を刺激するのがマッサージの目的です。

 

皮膚を叩いたり、揉んだりする必要はありません。表皮に刺激を与えるようにマッサージするのがポイントです。

 

もちろん市販の保湿クリームでも構いませんが、より本格的に効果を感じたいならば肉割れの専用クリームをひとつ用意してみることもお勧めします。保湿成分だけでなく、専用の栄養成分も配合sれているのでより早く効果を実感できるはずです。

 

肉割れクリーム紹介

page top